黒歴史

ネットワークビジネスに勧誘されまくっていた話①

ネットワークビジネスに誘われる人の特徴

ネットワークビジネスは大人になったら誰でも一度は勧誘されたことがあるのではないでしょうか。

かくいうわたしは若い頃、めちゃくちゃネットワークビジネスに勧誘されてきた経験があります。笑

若い頃は、地方から出てきて希望に満ちて行動力もあったので色々なイベントやセミナーや集まりに誘われるがままに出ていたからでしょう。

ネットワークビジネスはやっぱり若くて何も知らなそうな子が誘われる傾向にありますよね。

ネットワークビジネスの人いわく『年をとっていると固定概念が強くて新しいモノを受け入れない』そうです。(笑)

ただ単に年をとって色々な経験をすると危機管理能力が作動するんだと思いますけど。

そして、ネットワークビジネスを誘ってくる人も東京出身の人もいましたが、多くは大学や就職で地方から東京に来た人たちが多かった気がします。

わたしは大学は地方だったのですが、運が良かったのか大学時代にネットワークビジネスに誘われたことは一度もありませんでした。

就職で東京に来てからはものすごくネットワークビジネスに誘われるのでびっくりした気がしますがやはり東京は欲望渦巻く街なんでしょうかね(笑)

ネットワークビジネスに最初に誘われた話

最初に誘われたのは確か、異業種交流会で知り合った女の子と仲良くなったことでした。

その子は当時24歳だったわたしと同じくらいの年で、地方出身だけど、大学で東京に来たという子で、ものすごく気が合うってわけでもないけど、ご飯とかお茶とかに誘われたので行くって感じでした。

何度か食事などをして、ある日、カフェで改まった感じで『あの、今まで言ってなかったんだけど、実はわたしニュースキンしてるの』と言われました。

しかし、わたしはネットワークビジネスのことなんて全く知らなかったので『は?にゅーすきん?てなに?』と思いました。

最初、なんかの菌かと思いました(笑)

ニュースキンとか、ニューウェイズとかって今は分かりますがネットワークビジネスの大手なんですよね。

それから友達に説明してもらい、老化を防ぐだとか、肌が綺麗になるだとか、化粧品の説明とかを受けましたが、その子の話は説得力がなかったのです!

なぜかというとその子のお肌は、申し訳ないけど結構荒れていてどうお世辞を言っても綺麗ではなかったからです。

顔立ちは可愛らしいのですが、お肌は吹き出物がひどくて、大変だなぁと口には出さずとも思っていました。

その子もそれを気にしているのか、『あ、わたしの肌はストレスで荒れているんだけどね』と言っていましたが、それはそれで

え!どれだけネットワークビジネスってストレスあるんだよ!?

と思わずにはいられませんでした…もうやめた方がいいんじゃない…?

いくらその製品が良いと言っても、説明する人の肌が汚ければ絶対説得力ありませんよね…

ネットワークビジネスの勧誘は一生懸命すぎて逆に怪しい

その子にニュースキンの説明を受けましたが、かなり一生懸命話しているのが分かったし、せっかくできた友達をむげに冷たくはできないので、一応最後まで話を聞きましたが、まったく興味がわきませんでした。

そして、『一緒にニュースキンやりませんか?』と誘われたのですが、はっきり断るのも可哀想なので曖昧な返事をしたら今度グループのめちゃ稼いでるお世話になってるすごい人に会わせてくれることになりました(笑)

ネットワークビジネスに誘われた人ならわかると思いますが、ネットワークビジネスの人ってやたらとこういうすごい人に会わせたがるんですよね~

わたしはたぶん押せばいけると思われてクロージングをかけようとしていたと思われるんですが、その時はまあ別に会うくらいいっか~気まずくなるのも嫌だしって感じで会う約束をしました。

ネットワークビジネス界隈でよくあるすごい人に会わせます

友人の誘いを断るのも悪いと思ったわたしはとりあえず友人の尊敬するネットワークビジネスの偉い人?に会うことになりました。

その人は、女性だったのですが、たしかネットワークビジネスで月収300万円ほど稼いでて、旦那さんは普通の会社員だけど大手の会社で確か役員だったので二人合わせてもかなりの収入だったと思います。

その方にはその後も何度か会うのですが、その方自体は全然悪い人じゃなくて強引に勧誘もしてこないし、友達もわたしが興味なさそうということが分かると強引にはすすめてこない感じでした。

これがわたしの最初のネットワークビジネスの誘いで、実はこの友人意外からもその後何度か誘われるのですが、この最初の誘いが一番がっついてないというか…

最初は必死そうだったし、わたしが誘いを断ったら連絡来なくなるんだろうな~と思っていたけど、意外にその後も色々一緒に遊んだりしていました。

あわよくばわたしがニュースキンをやれば、友達にもお金が入るし、っていう感じもあったかもしれませんが、ネットワークビジネス特有のフットワークの軽さというか人懐っこさでニュースキンを介さなくても普通に友達関係をしばらく続けていました。

今は残念ながらもう付き合いはないのですが、良い子だったな~元気でいるといいなぁと思います。

しかし、この友達に連れられて行ったなんかすごいセミナー?のような表彰式みたいなのに参加した時、理解できない出来事があり、わたしは絶対ネットワークビジネスやらないなあと思ったことがあります。

ネットワークビジネスで稼ぐととんでもない挑戦をしたくなる?

ネットワークビジネスに誘われてからというもの、友達はことあるごとにニュースキンの話をしてくるのですが、まぁ強引じゃないし、憎めない感じなのでたまに化粧水とか買ってました。

友達とは普通にご飯いったり色々イベント行ったり、とまぁ普通の友達ライフを送っていたのですが、やっぱりところどころニュースキンの話になっちゃいます。

別にわたしはスルーしてたのですが、たまにやってるイベントとかにしつこく誘われると5回に1回くらいは付き合いで行ってあげたりしていました。

ネットワークビジネスの人たちってなんか売り上げ良かったらか、勧誘した人が多かったからかみんな集めて表彰するんですよね。

確か宝石の名前がついている賞とかあって、友達も表彰されるので表彰式に来てくれたらうれしいと言われ、まぁおめでたいことだから行ってみたことがあります。

そしたら、そのイベントで当時、ニュースキンで一番稼いでいるという男性がスピーチをしていたのですが、その内容が当時のわたしにはびっくり仰天でした。

その方はきっと人前に立つこともかなり多いらしく、お話が上手だったのですが、急に来年からバイクで世界横断するみたいなことを言っていたのです…

まぁ別に世界横断とか勝手にすればいいと思うのですが、どうも、男性の妻が泣くとかいう話をしていて…ん??バイクで世界横断するのを泣くほど嫌がっている奥さんがいるのに行くの?

なんかしかも話を盛っているのか何なのか生きて帰ってこれるかわからない…みたいな。

え??あーまぁ世界には危険な地域もあるからね…

え、でも別に行かなくても良くない?

しかも、奥さんと子供3人(しかもそのうち1人は結構小さめで障害がある?昔のことなので曖昧ですみません💦)とかいうじゃありませんか!?

え?いやいやいや!!お金あるかもしれないけど、そんな子供の世話妻に任せてバイクで世界旅行とか言ってる場合?

しかもなんか生きて帰ってこれるかわかんないとか自分に酔いしれてて、本気で訳がわからないスピーチでした。

しかも恐ろしいことに周りの人々は、そんな自由があっていいなと感動している雰囲気すらありました…。

わたしは、こんな平和な日本に産まれてお金にも困らず幸せにいるのにわざわざ危険な行為をするなんて金持ちの考えることはわからん…ともんもんとしていました。

しかも、子供また成人してないなら子供の世話しろよ…と今のわたしは思います。

別に単身赴任で仕方なく子供と離れているわけじゃないのに、まだ小さい子供放って長期旅行するなんて…全く理解できません。

この話を聞いてから本当にニュースキンがうさんくさくて全然やりたいなんて微塵も思いませんでした。

これがネットワークビジネス最初の勧誘からの出来事なんですが、いまだに思い出しても不思議です(笑)

この人は果たして生きて帰ってこれたんでしょうかねー(笑)

ネットワークビジネスに勧誘されまくった話は続きます(笑)